ココモノママニが真珠雑貨と独特のレッグウエアである靴下(ソックス)で商品展開するのはなぜ?

スポンサードリンク

ココモノママニが真珠雑貨と独特の
レッグウエアである靴下(ソックス)
で商品展開するのには理由があります。

地域産業のブランディングに取り組む
株式会社ICDA((神戸市)と
贅沢なほどに使用するバロックあこや真珠の会社
タカハシパール株式会社(神戸市)と
歴史ある高い技術を持つ靴下工場の
株式会社 神木(加古川市)
この3社がココモノママニ「 cocomono mamani 」
を立ち上げたからです。

レッグウエアのデザインは、
靴を脱いだ時にだけ見える文字や絵柄などが
ポイントとなり個性の演出を尊重しています。
真珠雑貨も遊び心をコンセプトにした
デザインでユニークな商品アイテムです。

ココモノママニのソックスや真珠雑貨のデザイン

コンセプターである岸上マリイさんが
独創的なデザインを担当しています。

 スポンサードリンク

ココモノママニの指輪&ネックレスと靴下の秘密

岸上マリイさんは、1984年8月22日生まれ
甲南女子大学人間科学部行動社会学科卒業後
ブランディングの仕事をする父親の勧めで
ココモノママニ「cocomono mamani」の
スタート当初からレッグウエアのデザイン
を担当して、相当親しい間柄でないと
人前で靴を脱がないだろういう考えから、
そのときにちらりと見せるさりげない
おしゃれを大切にしたいと言われています。
そして、岸上マリイさんの手がける
バロックパールを使った独創的な
指輪やネックレスのデザインは、
本物の真珠をもっと気軽に身につけたい
という女性の思いを実現した商品作りの
ユニークさはネーミングからもわかります。

ココモノママニ「cocomono mamani」はユニクロ(UNIQLO)とのコラボTシャツも発売!

ココモノママニ「cocomono mamani」はユニクロ(UNIQLO)とのコラボTシャツも発売!
ココモノママニの名前の由来は「子供とママに」をベースに個性を尊重した意味の「個々のもの」と岸上さんが好きな子供から
連想する「気ままに、思うままに、そのままに、あるがままに」から生まれた造語だそうです。
そのココモノママニ「cocomono mamani」がユニクロ(UNIQLO)とのコラボしてTシャツを発売!
ユニクロの「UTプロジェクト」として、企業や作家や漫画雑誌などと組んでTシャツを共同製作してきたビジネスに、
ココモノママニ「cocomono mamani」との共同製作が実現した。
これは、ユニクロ側が岸上さんの「バロックパール」を使った独創的な指輪やネックレスなどのデザインを評価して、
Tシャツの柄に採用した。Tシャツは六種類で各二色あり、一枚1990円で、国内約50カ所のユニクロ大型店やインターネットで
販売され、兵庫県内では神戸市中央区の三宮、神戸ハーバーランド両店で扱っています。
「ココモノ」の真珠小物をあしらったシャツは、かわいらしさを前面に出したデザインです。あなたも1枚どうですか?

スポンサードリンク