大学生への仕送り代の平均的な金額相場はいくら?

スポンサードリンク

大学生への仕送り代の金額で平均的な相場。
まず、一番気になるところから解決しましょう。

大学生への仕送り代で金額がどうしても
大きく違ってくる理由が1つだけあります。
これは地域格差による一人暮らしのための
家賃と気候の差による生活条件の違いです。
こればかりはどうしようもありません。

これを安く抑えるには地方の大学へ進学するしか、
解決方法はありません。あと、
男子学生と女子学生での違いもあるようです。
これらの違いを踏まえた上で、
現状の大学生への仕送り金額の平均的な相場は

男子学生で約80000円
女子学生で約110000円
男女の平均で約95000円
いろいろな情報を調べた結果
およそこれぐらいの金額が必要なようです。

国立大学と私立大学の違いは?

国立大学の場合は年間約113万円
私立大学の場合は年間約112万円
なぜか、私大生のほうが1万安い!?

 スポンサードリンク

地域格差による一人暮らしのための仕送り代

北海道は   およそ101000円
東北地方は  およそ 96000円
首都圏地域は およそ104000円
東海地方は  およそ 95000円
北陸地方は  およそ 90000円
関西圏地域は およそ 95000円
中国地方は  およそ 85000円
四国地方は  およそ 85000円
九州地方は  およそ 82000円
大学生の生活費に関する情報を調べてみると
このような数字がでてきましたが、
これにより仕送り代の地域格差は、
大都市圏と寒い地域が高いようです。

大学生への仕送り代で大きな割合を占める一人暮らしのため家賃相場はいくら?

それでは、大学生への仕送り代でとても大きな割合を占める一人暮らしのため家賃相場はいくらぐらいなのでしょうか?
そんな疑問を調べてみたら、平均48000円ぐらいで、高くても60000円ぐらいのようです。ですから、仕送り金額から
この家賃を引いた額で、食費や光熱費、娯楽、嗜好費、書籍代等必要なものをやりくりしなければいけないのですが、近年は
子供のアルバイト代などで足りない部分やプラスαの費用をまかなっているようです。
また、昔のような食事つきの寮や下宿先などがあれば、少しは費用を抑えられるようです。しかし、最近では数が少ないようで
なかなかいいところは見つからないのですが、各大学の先輩達からの情報でいいところを探してみるのもいいのではないでしょうか?

まずは、入学する大学周辺の不動産屋などからベストな寮、アパート、ワンルームマンション、ハイツなど早めに探しておきましょう。
すくなくとも、5〜6件の不動産屋などを回って条件に合うところを探しましょう。ここで、妥協は禁物です。
1ヶ月1000円の違いでも年間なら12000円で、4年になると48000円もの差が生まれます。
家賃は通常入居してしまうと食費のように節約することは出来ません。

また、節約の為に仕送りの送金用に手数料が安い又は無料のネット銀行などを使う家庭も増えてきているようですので、
ジャパンネット銀行やイーバンク銀行、また、インターネットで顧客を増やしているスルガ銀行や新生銀行などで
口座開設しておくのもいいかもしれません。

スポンサードリンク